FC2ブログ
新風館通信
迷走する教育       道しるべでいたい



プロフィール

M.Kaze

Author:M.Kaze
新風館のブログ(ハードタイプ)
北風のブログ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱さの構造
 心理学的には、人はみな自分が平均よりやや上の人間だと思っていると言う。おそらくそうしないと自身を価値ある存在だと信じることができず、心の平安を保てなくなるからだろう。しかし、もしそうやって得た心の平安と引き換えに、成長の契機を放棄することになるかもしれないとしたら、多くの人はどう感じるのだろうか。

 もちろん、自分が平均よりやや上の人間だというのが事実なら問題はない。しかし、現実には全ての人間が平均以上などということは数学的にあり得ない。したがって、半数以上の人間にとって、それは錯誤に他ならないということになる。もちろん、人間の能力は、自然界に暮らす動物とは違い、無限と言って差し支えないくらい多様な評価基準があるから、全ての評価軸で平均以下という人間が半数を超えるとは言えない。しかし、自分を平均よりやや上の人間だと思うことによって心の平安を得ているような人間が、様々な評価軸でもって厳正に自分の能力を推し測り、少なくともこの能力については平均以上と考えていいだろう、というような客観的な評価を下しているとは、到底考えられない。おそらく漠然とした感覚評価に過ぎないはずだ。

 だとすれば、そうやって得た心の平安は、ある種の幻想、まやかしだということになる。たしかに、幻想にすがらないとやってられないというのも、人生の一面の真理ではあるだろう。現実の人生は生まれた瞬間から不公平なものなのだから。しかし、それで果たして人は本当に幸せになれるものだろうか。私にはそうは思えない。理由は単純。幻想に逃げ込んだままの自分をそっとしておいてくれるほど、現実は甘くないものだからだ。そう、現実というのは決して人に優しいものではない。

 一生を幻想の中に逃げ込んで逃げ切れる人などそうそういるものではないだろう。実際には、現実から自分の本当の姿を突き付けられ、痛い思いをする人間が圧倒的多数を占めるだろう。そして、その痛みは、逃げ込んでいた期間の長かった人ほど耐え難いものになる。だから私は不思議なのだ。どうして人は、自分の真の姿と向き合い、少しでも改善しようと試みないのか、と。

 これまで私が観察したところによると、大半の人間は、少しでも痛みを伴うような努力を厭う。たとえいつか耐え難いほどの痛みが襲って来ることを予感していても、今この瞬間に耐え忍ぶべき僅かな痛みから逃れようとする。とりわけ精神的な痛みから。多くの人は精神的な痛みに対してあまりにも弱い。

 身体を動かすのを厭わない人の中には、そういう精神的な痛みを肉体的な痛みにすり替えようとする人も珍しくない(個人的には、これが一流のアスリートになり損ねる最大の原因だと考えているのだが)。彼らは自分の本当の姿を直視する精神的な痛みから逃れるために、自分に肉体的苦痛を与えるという、代償行為に走る。たしかに、へとへとになるまで頑張ったという、(私に言わせれば、偽りの)充実感は得られるだろうし、そういう行為ができることを自分の精神的な強さだと錯覚することもできるかもしれない(おそらく、これが日本のスポーツ界に長らく蔓延して来た誤った精神論の出所だと思う)。しかし、実際には、精神的に強くなるどころか、ただ肉体を消耗させ、アスリートとしての寿命を縮める結果になる。そして何よりも、そういう見当違いの頑張りはせっかくの成長の契機を逸することになる。

 本当の精神的な強さとは、勝敗や生死のかかったギリギリの局面において自分の力を信じ切れることだと私は思う。言うまでもなく、これは常日頃から自分の本当の姿と真摯に向き合い、地道な改善を続けて来た人間にしか手に入らない、本物の自信だ。そういう人は自分にできることを(当然できないことも)よく知っているから、ギリギリの局面でも普段通りのことができる。もとよりそのためには、不断の努力を要する。ただしそれは、ちょっとした心がけで誰にでもやれる小さな努力の積み重ねでしかない。

 まずは、現実が自分に求めてくるもの(それが他の人からのものであれ、仕事などの技術的な事柄であれ)のうち、自分はそれに応えたいと心から望んでいるが、現段階ではまだ難しいと感じていることを、常に意識し続けることだ。そのことを常に心に留めておき、暇があればそれについて何故自分にはできないのかを考えてみるだけでいい。答えが出なくても一向に構わない。そもそも、そんなに簡単に答えが見つかるものなら、とうの昔にできるようになっているはずなのだから。なかなか答えが見つからなくて当たり前。めげる必要はない。重要なのは、答えにたどり着くまでの過程だからだ。それこそが常日頃から本当の自分と向き合うということなのだ。

 そうやって、現実の要求に応えられない、不甲斐ない自分を直視することに慣れなくてはならない。何も自分を責めろと言うのではない。ここが肝心なところだ。神ではない以上、我々にはできないことがあって当たり前だし、できないことの方が多いに決まっている。自分を責めてできるようになるのならいくらでも責めればいいが、そんなことをすれば、どんどん自信を喪失するだけで、かえって精神的には弱くなるだろう。だいたい、自分に限らず人を責めるという行為は、できるはずのことができなかったときにやるべきこと(社会的に問われる責任も同じだ)であって、端っから自分に(相手に)できないと分かっていることを責めたって何の意味もない。

 この意味で、よく自分を責める人とというのは、自分を高く見積もり過ぎている可能性が高い。そしてそれは、本当の自分と向き合えていないという証拠でもある。自分にはやれたはずだと思い込んでいることが、その人の本当の実力とは完全に乖離してしまっているのだろう。自分を責める暇とエネルギーがあったら、さっさと今の自分にはできなかったという現実を受け入れて、今後同様のことが起きた時には対処できる自分でいられるようにその時間とエネルギーを傾注すべきだ。なぜ今の自分はそれができる人間ではないのかという理由を見つけ出さなくてはならない。そして、その理由は、感情論抜きで合理的・客観的に考えなくてはならない。そのためには、冷徹な自己観察眼が必要だ。他人を見るように自分を観察しなくてはならない。

 大半の人は全くそういう努力をしないでおいて、ただ失敗した自分を責める(ときに罰する)ことよって、責任を取った気になっているだけではないかと私は思っている。だから、同じ過ちを何度も繰り返すのだろう。しかし、その度に、いくら泣こうが、いくら喚こうが、たとえ自分の腕や足を切り落として自らを罰しようが、その後何の変化も改善も見られないのであれば、それは単なる自己欺瞞にすぎない。そういう人間は、本当の自分がいる地平に降り立つことは決してなく、唯我独尊、自分ひとりを高い所に置いて、そちらを本当の自分だと思い込もうとしているだけなのだ。

 現実によって自分の本当の姿を突き付けられたときこそ、実は成長のチャンスだ。成長のためには、本当の自分が今立っている地平に降りなければならない。そこから見える景色を直視しなければならない。そうして初めて自分に何が足りないのかが分かる。自分に足りないものが分かったら、なぜ自分がそれを手にしていないのかを理解することだ。必ず理由はある。その理由は人それぞれだろうが、総じて言えることは、自分を過大に評価する心の動きというのは、この宇宙、この世界の理(ことわり)に反している可能性が高いということだ。

 どんなに自分が凄いと思い込んだところで、我々は、この宇宙の、この世界の理の外で生きることはできない。地球の自転を止めることはできないし、1+1を3にすることもできない。だから、我々が明日死んだって、この宇宙は、この世界は、何も変わらない。それが現実なのだ。だから我々の方がこの宇宙にこの世界に適応して生きてかねばならず、そのためにこの宇宙この世界の理を学ぶ。自分自身のことを含め、この宇宙この世界で自分の意に沿わないようなことが起きても、間違っているのは現実を見誤った自分の方なのだ。そして、それを受け入れることができる人間だけが理に近づくこと、つまり、成長することができる。成長とは(何かの分野において)「理」を究めようと努力する、その過程に他ならない。それを日本人は伝統的に「道」と教えて来た。

 しかし、ここで多くの人間は致命的な間違いを犯しがちだ。それは、道と理つまり道理を方法と混同することだ。平たく言えば、問うべきは「なぜか(道理)」なのに、それを「どうすれば(方法)」とすり替えてしまう。本来、道理に適っていれば、方法は複数(大抵のことについては無限に)あるものだ。もとより間違った方法も無数にある。それなのに、方法を絶対視して、方法さえ正しければ正しい状態(理に適った状態)になると考えているのだから、本末転倒もいいところだ。方法が正しいかどうかはその方法が理に適っているものかどうかということでしか判断できないはずであり、その逆はない。道理を求めずして方法を問うことの愚かしさ、こんな自明のことに多くの人間は気づかない。

 実際、無能な人間ほど、少し困るとすぐに「どうすればいいんですか」と言う。本当なら「道理に照らして考えろ」と言えばそれでお終いなのだが、そういう人間は端から理を求める(究理)つもりなどないために発言をするのだから始末が悪い。当然、自分のそういう発言の裏にどんな自分が存在しているのかということにも気づかない。理を解する努力をせずに方法に頼ろうとする心の動きの裏には「方法ならば大した努力もせずに小手先だけですぐに変えられるもの」という浅はかな考えがあり、そして、その考えの奥には、「たとえ道理に適っていなくとも自分の生き方を変える気はない」という驕りがある。「自分は(道理に適っていなくとも)ちっとも悪くない」と。これは、「自分だけはこの宇宙この世界の理外の存在である」と宣言するに等しい。この驕慢で傲慢で傲岸な心が透けて見えるがゆえに、道理を究めようと日々努力を重ねている人間からすれば、こういう態度をとる人間に対して無性に腹が立つ。「そこをちょいと変えれば上手くいく」なんて単純な話ではないのだから。 

 我々人間が生命体である以上、この宇宙のこの世界の理に従って生きるほかない。我々人間は、愛する人一人幸せにすることすらままならない、愛する人みんなを守る力なんてもとより持ち合わせてはいない、実に無力で、塵にも等しい存在なのだ。しかも、この世界ではどんなに努力して理に近づいたところで、どんなに理知的な人間になったところで、報われるとは限らないし、報われないことの方が多いものだ。それがこの世界の現実だ。この厳しい現実を認め、受け入れ、自らの本当の姿を虚心坦懐に見つめるならば、この宇宙この世界の深遠な理を前にして「ふうん、そうなんだ。そういものかぁ」などと、これまた、あたかも自らがその理とは無関係の超越的存在であるかのような態度をとれるはずがない。「神ではあるまいし、塵芥ごときが何と傲岸不遜な」と言わなくてはなるまい。

 しかも、究理と無縁な人間ほど、理不尽なことに対して過剰なほど拒絶反応を示すから不思議だ。正直「よくもまあそんなことが言えたものだ」と思う。常日頃、自分を理を超越した存在であるかのような高みに置いておきながら、理に適っていない要求(=理不尽な要求)は断固拒否するというのだから矛盾も甚だしいのだが、もちろん、それに気づく由もない。理に適っているか理不尽かを判断する基準を実は自分が有していないということに思い至らない限りは。「どうすればいいか」が分かれば正しい道を歩めると思い込んでいる人間、つまり、道理に適った生き方をしていない人間には、文字通り「無理」なことなのだろう。

 また、逆説的だが手段に頼る人間ほど「結果が全て」と考えたがる傾向があるようだ。結果というのは、確かに自分が理に適う正しい道を歩いているかどうかを測る一つの尺度ではある。しかし、その結果は最終目標ではないはずだ。あくまでも、自分が正しい道を歩んでいるかどうかを知るチェックポイントである。それを「全て」と言ってのけるのは、これまたある種の傲慢というものだ。というのも、その発言の裏には「結果は全て手段によってコントロールできるもの」という錯誤があり、本来結果は誰にも予想できないものだという現実を無視しているからだ。だから、「結果が全て」という発想は、手段を目的化するという倒錯を生みやすい。

 たとえば、大学に進学すること自体を目的にしたり、テストで高得点を取ることを目的に勉強するのは、まさにそれだ。確かに受験の合否や試験のスコアは一つの結果である。しかし、それは目的ではないし、ましてや最終目標であるはずもない。強い格闘家を目指す者が「結果を全て」と考えるなら、負けは許されないことになる。これでは負けを糧に成長するという道は戦う前から絶たれてしまう。結果としては負けでも構わないという勝利以外の何かを得るための戦いはできないことになってしまう。この意味では、全ては目の前の結果だと考えるのは自らの道を狭める見方でしかない。結果は、最終目標が何であれ、自分が理に適った道を歩いているかどうかを確かめるチェックポイントとして活用すべき貴重なデータではあっても、目的ではない。そこを勘違いするから、近視眼的なものの見方しかできなくなるし、方向性のない場当たり的な方策を採ることになるのだろう。

 結果に直結するような方法があるという思い込みも傲慢の極みだ。実際、もし理に適った道をずっと外れることなく歩める人間がいるとすれば常に正しい手段をとることができるのかもしれないが、それはどう考えても人間業ではない。しかも、この宇宙はこの世界は偶然によって成立しているという理(不確定性原理)を忘れている。我々人間は、というよりこの宇宙に存在するもの全ては偶然から自由にはなれないのだから、結果を精査する際には、それも十分に加味しなくてはならない。どこまで行っても運はあるのだから。にもかかわらず、「結果が全て」と言い切るのは、やはり神の視点に立つ言辞と言わねばなるまい。

 真に重要なのは結果そのものではない。その結果にその人が如何なる意味を付与するかである。結果は、それに至った過程と手段を検証するデータとして有用であるに過ぎない。全ては、その結果にどのような意味づけをするかによって変わってくるからだ。そう、人間にとっては、「結果が全て」なのではない。「意味が全て」なのである。


 全てが不確定な宇宙というこの世界に暮らす我々人間の存在は、文字通りの塵芥に過ぎない。我々はそういう地平に立ち、自らの生を送っている。しかしそれは、ただ一点において他の生物とは決定的に異なる生でもある。それは、我々が「自らの生の意味を問う」存在だということだ。おそらくは言葉を話すという能力の獲得によって生じたであろう、このある意味非常に厄介な性質は、ときにある種の病のように我々を悩ませもする。しかし、同時にそれは我々の生を輝かせるものでもある。ある人が幸せであるか否かは、ただ一点、その人が自らの生に何らかの意味を見出せるか否かにかかっていると言っていい。

 少なくとも、もし我々の生がまったくの無意味であるとすれば、今や七十億に膨れ上がった肉塊が地球という狭い惑星の上で、ただ命を繋ぐためだけに食物を求めて蠢いているだけというのが現実ということになるのだろう。それではゾンビと何も変わりはないことになるが、実際のところ、それが現実なのかもしれない。その人がどんな世界に生きるのかは視点の問題だ。

 人間=ゾンビ世界観に納得し、それを受け入れるのであれば、その人は自らをゾンビと規定し、ゾンビとしての生(?)を選んだことになる。それが人類を幸せにするとは私にはとても思えないが、個人の選択としてはそれも確実に在ると言っていいだろう。もちろん、私としては人類全員がそういう価値観に染まった世界を想像したいとは思わないし、そういう世界観を持つ人を羨ましいとも思わないけれども。そういう人にとっては人生に意味を求めること自体がナンセンスだということになるだろう。刹那的な衝動と快楽が全てになるのかもしれない。現実にそういう人は少なからずいる。

 しかし、我々はここであることに気がつかなくてはならない。それは、もし人の生が無意味だとしたらという仮定に基づいて成り立っているこの人間=ゾンビ世界観も、実は、現実に対する一つの意味づけであるという事実である。人が何かを無意味だと規定するためには、暗に意味があることが存在するということを前提にしなくてはならないのである。つまり、無意味とは意味を前提とする概念なのだ。

 こう考えれば、我々が人である限り、意味から完全に解放されることはないということが納得できるはずだ。したがって、たとえ人生は無意味だと規定し、ただ自らの命を繋ぐことだけに腐心している人間であっても、それはあくまでも、その人が自らの生に対してそういう意味づけをした結果に過ぎないのである。我々が手にしている自由は、人である限り、どうあがいても、自らの生に見出す意味の選択権に留まるものなのであって、意味づけそのものを放棄する術は持ち合わせていないのである。これは人である限り受け入れるほかない事実、いや、人間の真理である。

 だとすれば、自らの生に対しては、人間=ゾンビ世界観に基づくネガティブなものでなく、ポジティブな意味を見出すことができる人間の方が幸せだと言えるだろう。ポジティブなことに好感を持つのは人間の本質に根差したものだろう。先の意味と無意味の話で言えば、人は無意味(ネガティブ)なことよりも意味のある(ポジティブ)ことを好む。このことは、人間を人間たらしめている言語そのものの構造にも見られる。およそ人間の言語という言語は、肯定形(存在する)をもとにして否定形(存在しない)を作るものであり、その逆の形式を持つ言語は存在しない。おそらくこれは、我々が生命体として、宇宙あるいは世界が、今目前に存在しているということを前提とし、それに適応するべく進化した結果なのだろう。実際、人間の心はネガティブ(否定的)な言葉や行動よりも、ポジティブ(肯定的)な言葉や行動に対して好感を持つようにできていることが証明されている。演説が盛んな欧米では、軽いスピーチであっても否定的な表現を用いないというのは、もはや常識である。ポジティブなものを求めるのは人間の本性なのだ(これを孟子風に解釈すれば性善説ということになるのかもしれない)

 人間の本性がポジティブなものを求めるからこそ、いつの時代でもお世辞や煽て(煽動)が効果を発揮するのだろう。ただし、お世辞を真に受けてはいけないというのも古くからの人生訓が教えるところであるし、昔から人を煽てるのは決して褒められた行動ではない。ましてや、自らに対してお世辞を言うなんてことになれば少々頭がおかしい奴と思われても仕方あるまい。そう、最初に述べた何の根拠もなく単なる感覚評価で自分を平均よりやや上の人間だと見なすメンタリティ(精神の有様)は、まさに自らにお世辞を言っているのと変わりはないのである。間違っても、それを自らの生にポジティブな意味を見出している状態だと思わないようにしなくてはならない。

 残念なことに、世の中には自らを煽て、根拠のない自信全開で生きる勘違い人間が、文字通り履いて捨てるほどいる。しかし、そういう仮面は、そいつが予想もしなかった状況や全く経験したことのない環境に置かれるといとも簡単に剥がれるものなのだが、そういう人間を強い人間と勘違いしてすり寄っていく弱い人間もまた履いて捨てるほどいる。両者を引きつけ合い、結びつけるのは、誤った自己認識に基づく事実誤認である。両者ともに、自分の本当の姿を知らないからこそ、片や自信過剰、片や自己不審(あるいは優柔不断)に陥る。一応断っておくが、後者が自分を平均より下だと考えている謙虚な人だと考えるのは間違いだ。本当に謙虚な人というのは自信過剰な(たいていは傲岸不遜な)人間を軽蔑することはあっても、憧れるなどということはあり得ないからだ。どちらも弱い人間だからこそ、過剰に強がったり、自虐的になったりしないと自分を保てないだけなのだ。その証拠に、一見強そうな人に尻尾を振って近づく人ほど、自分より下だとみなした相手に対しては実に冷酷なものだ。そういう人は、謙虚なのではなく、ただ卑屈なだけなのだ。

 いずれにせよ、自分の本当の姿を知らない人間というのは、有事(ここ一番)に実に弱い。常日頃から自分の本当の姿と向き合っていない人は、自分の弱さを知る由もないから、経験したことのない状況に置かれると途端にその弱さを露呈する。この宇宙で人間という存在が立つ地平に降り、そこに立って自分と世界を眺め、自分の弱さを直視した人間は、自らの弱さを知るがゆえに強くあることもできるようになる。徹頭徹尾強いだけの人間も弱いだけの人間もこの世にいるはずがないということを明確に理解するからだ。歴史上のどんな英雄にも弱さがあったということを実感できる。意味と無意味の関係と同じように、これも逆説的だが、自らの弱さを知った人間だけが強くなれる。英雄とまではいかなくとも、自分に必要な強さは必ず身につけることができるものだ。

 そして、自分の本当の姿と向き合うか否かという問題は、「どのくらい」という程度の問題ではない。二者択一の問題であると私は考えている。自分の本当の姿を見る気があるのかないのか、見るか見ないか、受け入れるか受け入れないか。これは神を信じるか否かという命題と同じ構造であって、もし受け入れていない部分があれば、向き合ったことにはならないし、結局またいつか現実から手痛いしっぺ返しを食う羽目になる。そのときに感じることは、こうに違いない。「やはり自分はまだ自分の本当の姿を知らなかったのだ」と。これは結局のところ自分を知らなかったということに他ならない。人はご都合主義に傾きやすいものだから、その時々の自分に都合の良いところだけを引き受けたいという誘惑にかられるものだが、そうは問屋が卸さない。人を愛するということを考えてみればよい。相手のここは好きだが、あそこは嫌いだという状態ではその人を愛しているとは言わない。相手の短所も長所も全て受け入れることなくして愛は成立しない。要は、自分に対しても同じことをすればよいだけのことなのだ。

 ただし、それが溺愛ではなく、健全な自愛であるためには、自分との(他人とも)付き合い方が道理に適っているかどうかが分かれ道になる。自愛(自分を大切にする)は、自分を甘やかすという意味ではない。もちろん、これは手段の問題ではない。道理に悖るような人間関係(たとえば不倫や援助交際等)は、いくら相手との付き合い方(方法)を改善したところで道理に適うものにはなりようがない。これは相手が自分であっても変わらない。それが正しいものであるかどうかは、道理に基づいて判断するほかないのだ。道と理、この二つを求める心(求道と究理)を保つこと、これが人間として正しくあるための根本であると思う。

 求道と究理の心を持つのみが、自らの脆弱さと無知・無能ぶりを自覚できる。そして、その自覚こそが謙虚と羞恥を持った心を育み、それが求道と究理をさらに推進する力となる。こうして生まれた好循環がその人の生を輝かせ、その人の人生を(そして周りの人間の人生も)ポジティブなものにしていく。これが意味ある人生というものではないのか。そして、そういう人生を送った人間が最期にそれを振り返ったときに初めて、それを幸せだったと形容するものなのではないだろうか。

 だいたい、本当に幸せなときというのは、その瞬間には幸せだとは自覚していないものだ。振り返ったときに初めてあのときは本当に幸せだったと気づくものだろう。悲しいことに、幸せでないときほど過去の幸せを強く感じるものでもある。だから、本当に幸せな人生というのは、求道と究理の精神を持って常に成長を続け、常に過去の自分よりも現在の自分の方が気に入っているという状態を保つ努力をしているうちに、気が付けば最期の瞬間を迎えていて、その時に初めてああ幸せな人生だったと振り返る、そういう人生のことだろう。残念ながら私ごときでは、そのレベルにはとても手が届かないが、少なくとも常に今の自分がこれまでで一番マシだと感じながら生きていたいと願いつつ足りない頭を絞っている。
スポンサーサイト
道理と方法
 中国の故事に、こんな話がある。

 斉の国に南北に走る公道があったのだが、その道は雨が降るとすぐにぬかるんで5~600mほどが水浸しになるため、人々は道の西側の農地の中を通るようになった。田畑を踏み荒らされたその農地の夫婦は、通り道になってしまった土地についたてのような土塀を5、6歩ごとに合わせて数十個ほども建て、そこを通れないようにした。ところが、通行人はその土塀を迂回してさらに西側の農地を通るようになったため、結局は踏み荒らされる場所がさらに拡がっただけであった。夫婦は泣いて通行人に懇願するしかなかったが、人通りが多過ぎてどうにもならなかった。それを見た人が「土塀を建てた土地はすでに農地として使えないのだから、土塀を壊してしまって、そこを通らせた方が被害が少なくてすむではないか」と言ったが、筆者は「それよりも、その土塀を壊してその土を使って国道を埋め、雨が降ってもぬかるまないようにすればいい」と提案する。農家は筆者の言葉に従い、その後は農地を踏み荒らされることがなくなった、という。

 この故事は、問題は根本的に解決しなくてはならないということを教えるものですが、まさに今の日本人はこの教えについてよく考えてみるべきだと思います。先の故事では、どうして筆者以外の人はだれも根本的な解決を思いつかなかったのでしょうか。大半の人は、今も昔も、目の前の問題にどう対処するかという方法(対処法)しか頭にないからだと思います。何事においても重要なのは、「どうやって」ではなく、「なぜか」なのです。問題が起こる理由を考え、原因を解き明かさなければ、その問題を解決することはできません。たとえば、病気の原因が分からないのに根本的な治癒は望めません。正しい治療法を見つけるには、病気になった理由を考えで理由を知らなくてはならない。有効な治療法は、病気の原因が判明しないと見つかるはずがないのです。物事の理由を知らずに方法だけを論じたところで何の意味もないのです。

 ところが、勉強でも仕事でもちょっと行き詰まると、できない人ほど「なぜ自分ができないか」という理由をよく考えてみもせずに、すぐ「どうすればいいんですか」と言います。しかし、そもそも方法が正しいかどうかは、問題が起こる理由を考え、原因を明確にして、それを解決するためにはどうすればよいかを理に沿って考えるしか判断のしようがないものです。つまり、理由を考えない人間、原因がわかっていない人間には、理に適った(合理的な)方法をとれるはずがないのです。その人には一つの理もないわけですから。理由も分からずに手段ばかりに拘る人間というのは、本来なら目的を達成するためにあるはずの手段・方法を目的化してしまっている、まさに本末転倒の状態にあります。だから当然、道(way)に迷う。手段や方法(way)というのは、本来目的を達成するための道筋(way)に過ぎないものですから、理に適った方法は一つとは限らないものです。たとえば、山の登頂を目指すという目的を達成するためのルートはいくつもある。道中が楽しいルートがいいのか、険しくとも最短のルートを選ぶのか、遠回りでも安全なルートを選ぶのかはその人が山に登る理由と状況によるはずです。この理由を無視してどのルートが正しいかを問うたところで何の意味もありません。自分が勉強する(あるいは勉強が出来ない)理由も考えずに、できるようになるはずがないんです。

 どうして皆こんな単純なことに気づかないのか、私はずっと不思議だったのですが、私なりに考え抜いて見出した原因を、つい先日の授業で、学力が伸び悩んでいる塾生たちにぶつけてみることにしました。「もし自分ができない根本的な理由を問うと、自分自身が間違っていたということを認めなくてはならなくなるからなんじゃないか」と。そして、「手段・方法が間違っていただけだということにすれば、自分は何も悪くなかったということにしておけるからではないか」と。「簡単に言えば、自分が間違っていたことを認めたくない、自分は正しいと信じていたいからではないか」と。彼らははっとした様子で、その通りだと認めました。子供に限らず、きっと多くの人が同じ過ちを犯しているのではないかと思います。どうしてそんなことになってしまうのでしょう。

 そもそも、勉強(学問)というのは物事の道理を理解するためのものです。道と理というのは、いずれもこの宇宙の摂理を意味する言葉です(この場合の道はwayではない)。宇宙の摂理は、自分がこの世界に生まれてくる以前から存在していて、自分が死んだ後もずっと変わらないものであって、それが分かる=理解する(理を解する)のは、それに適応して生きてゆくほかない我々の側の問題、それを理解する責任は100%人間の側にあります。ひとりひとりの人間の目線で言えば、それを理解できるかどうかはその人個人の問題です。これは、理を教える側の人間(教師)であろうと、学ぶ側の人間(生徒)であろうと、同じです。人はこの摂理の下でしか生きられないからです。宇宙の摂理=物事の道理を理解し、この世界に上手く適応すること、これ以外に学ぶ理由はないと言ってもいいくらいです。ですから、この世の理(ことわり)を解さないのに優秀な人間などいるはずがありません。

 逆に、それを解する気がない人間、そういう理よりも自分の主観を優先する人間は一般に馬鹿とか頭が悪いと言われるのです。それもあくまでその人自身の問題であって、生まれつきの頭の良い悪いとは無関係です。たとえば、「地球が丸いなんて信じない。引力なんて自分は感じないから、地球が丸いならみんな地球から落ちてしまうはずだ」と言い張る人間がいれば、それはその人が間違っているのであって、その人が理解しようとしまいと、地球が球体で我々はその引力によって吸い寄せられているという理は微塵もゆるがない。勉強ができないとすれば、それは、宇宙の摂理=物事の道理を理解しようとはしないところ、あるいは、理解できるようにならない自分の方に問題があると認めないことに原因があるのです。これを認めない限り、その人は、決して勉強(学問)ができるようにならないと思います。

 にもかかわらず、多くの人(あえて子供とは言いません)が、この摂理=道理を無視するような考え方をしようとします。たとえば、勉強(学問)を出世のための手段・方法と考え、勉強の目的をテストで高得点を取ることだと誤認しているのがまさにそれです。本来、テストというのは、その人がどのくらい理を解しているのかということを確認するためのもので、高得点を取ること自体が目的ではありません。目的はあくまでも理を解することであり、理解が高ければ当然高得点が取れるものです。実際そのように作成されています。テストは理解の高さを測るための手段の一つに過ぎず、高得点は理解の高さを表す指標の一つに過ぎない。出世のため成績のために勉強するというのは、先に述べた手段を目的化するという、本末転倒の状態、道理に適っていない不合理な状態であるわけです。

 弊著にも書いたのですが、もし理解を無視して勉強をただの手段だと考えてよいとすれば、たとえば、トナカイに乗ったサンタが空を飛んでくるのを信じている状態のままで物理のテストで高得点が取れる人がいてよいことになります。その人自身は何も変えずに手段だけはどうとでも変えられることになるわけですから。しかし、実際にそんな人がいたら気持ち悪いです。実際、我々は勉強を出世のためのあるいは成績のための手段だと考えている人で優秀な人間というのを見たことがありません。にもかかわらず、今の世の中、自分を棚に上げて、小手先の方法を変えるだけで何でも対処できると思い込んでいる人はかなりの数にのぼるでしょう。

 なぜ多くの人がこんな過ちを犯すのかというと、知らず知らずのうちに、宇宙の理を超越した視点、つまり、神の視点から物事を見ようとしてしまうからだと思います。「どうすればいいんですか」という手段・方法だけを問題にする態度をとる人は、自分を理の外に置いているのではないかと思います。「どうすればいいんですか」という言葉の裏には「自分は間違っていない。間違っているのはやり方だ」という前提があって、上手くいかないことを自分自身に問題があるとは思ってはいない証拠です。「自分自身が理に適っていない状態だったからこそ、その自分がとった方法が誤っていたのだ」という視点が完全に欠落しています。つまり、「悪いのはやり方であって、自分は何も悪くない」ことになっている。この自分自身が無謬であるという前提は、神のみに許されることでしょう。人間ごときがこのように考えるのは、あまりにも傲岸不遜です。少なくとも、日本人の伝統的な美徳である謙虚さからは程遠い態度だと思います。

 そういう態度をとる人間はどう見ても道理に適う生き方ができるはずがありませんから、大半は現実から手痛いしっぺ返しを食うことになるでしょう。受験の失敗であったり、仕事上の失敗であったり、挫折であったり、離婚であったり、家庭崩壊であったり、事象・現象はそれこそ様々でしょうが、自分を理の外に置いて物事を見ようとしている限り、しっぺ返しは続くと思います。興味深いのは、自分を神の立ち位置において物事を眺めたがる人ほど、他人のそういう態度に対して不寛容だということです。だから、世の中というのは諍いに事欠かないのかもしれません。互いが自らを神の立ち位置において言いたいことばかり主張すれば、諍いが起きない方が不思議ですから。ただ、そうした諍いも仲裁するのは道理(公には法理)だことを忘れてはいけないと思います。

 自分を宇宙の理を超越した立ち位置に置いて物事を眺めたがるという性向は、個人的にはある種の幼児性の表れであると思っています。アニメのヒーローを見たら、自分もそれになれそうな気がするという類の、理による裏付けの全くない感覚的なものです。最近の子供たちの困ったところは、そういう性向をこちらが認めてやらないと、たちまち自信を喪失して、なげやりになったり、逃げ出したりするというところです。もちろんこれは、彼らの自信には合理的な根拠が何もないからです。そういう子供は幼児性から抜け出そうとせず、成長すること自体を拒みます。いじめが原因でない不適応(不登校や引きこもり)の多くはここに原因があるのではないかと私は思っています。

 こういう子供たちの困った性向を助長しているのが、大人の「褒めて伸ばす」という教育方針です。これは、子供たちの側からすると「自分は褒められて伸びるタイプ」という認識になります。しかし、こういう教育方針を掲げる大人や、褒められて伸びるタイプを自認する子供たちの中で、「褒める」ことと「煽てる」ことの違いを理解している人が一体どのくらいいるのでしょう。私には大半の人が両者の区別をしていない(おそらく考えたこともない)ように思えてなりません。言うまでもないことですが、「煽てる」というのは人として褒められた行為ではありません。ましてや、自分を「褒めてくれ=煽ててくれ」などと思っているとすれば、その人は自分を王様か何かと勘違いしているということになります。褒められて伸びるタイプを自認する人の多くが、本人が考えているほどの能力を持っていない場合が多いのは、おそらくこのためでしょう。実際、これまで私は「褒められて伸びるタイプ」を自認する人で、優秀な人(大人も子供も)には会ったことがありません。

 勘違いしないで頂きたいのは、何も私は「褒めない」と言っているのではありません。褒めるに値することをすれば喜んで褒めます。しかし、それに値しないことをわざわざ褒めてやろうとする(理に適っていない)のは、煽てることにほかなりません。人をすぐ煽てる人間は尊敬されないものです。それは相手に「媚びへつらう」ことになるからです。教師というのは生徒に尊敬される存在でなくてはいけませんから、本来それを一番やっちゃいけない職業です。生徒に媚びる教師など尊敬されるはずがありませんから。かと言って、もちろんいつもムスッとしていて機嫌が悪そうというのもいけない。穏やかで朗らかで、何より生徒が接していて心の余裕が感じられる存在でなくてはならないでしょう(とても難しいのですが)。もとより生徒が間違った(道理に合わない)ことをしたときは厳しくあらねばいけません。そのために、何よりもまず、道理に明るくなくてはならない。道理を教えるのが教師の職務なのですから。

 弊著にも書いたことですが、「怒(おこ)る」のと「叱る」のは全く違います。これは「褒める」と「煽てる」とが全く違うのと同じことです。「褒める」と「煽てる」の区別がつかない人は、やはり、「怒る」と「叱る」の区別がつかないだろうと思います。教師に限らず、大人は、子供を「叱る」べきであって「怒る」べきではないのです。そもそも怒りはネガティブな感情です。「怒る」という行為は相手に自分のネガティブな感情をぶつけることであって、相手の間違いを正すためのポジティブな行為である「叱る」とは本質的に異なるのです。この差異をきちんと分かっている人間でないと子供を「叱る」ことはできません。叱られた子供は反省しますが、怒られた子供は敵意や憎悪を抱くだけです。それを知らずに怒ってばかりいる大人の何と多いことか。「怒る」のは「煽てる」のと対極にあって、同じくらい道理からは遠い、人として道を誤った行為なのです。ですから、「煽てる」のも「怒る」のも、子供を健全な大人にはしません。煽てられて育った子供は道理をわきまえようという気になりません。怒られてばかりで育った子供は、こちらが叱っていても、怒られたと受け取って敵意や憎悪を向けて来るようになります。両者とも他人と健全な信頼関係を築く能力がないという点では同じです。「叱る」という行為は、子供の行為が道理に照らして間違っている場合になされるべきものですから、叱る側の教師や大人が道理から外れていては話になりません。

 今は、道理に照らして自らの行為を顧みる大人が果たして今この国にどのくらいいるのかがとても心配です。本来、人間というのは道理にはずれた状態で生きて行けるものではありませんから、大人が率先して道理に適う生き方をしなくてはなりません。アメリカのように道理から外れてしまった人間を収容施設(刑務所)が足りなくなるような社会になってもよいのなら気にしなくてよいことかもしれませんが。
「子どもに勉強させる前に大人が知っておくべき7つのこと」
たいへんお待たせいたしました。ようやく二冊目の本が発売になりました。

今回も自由に書かせて下さったギャラクシーブックスの担当Kさんには、心から御礼申し上げます。

一冊目は、阪神淡路大震災をきっかけに我々が新風館を立ち上げた経緯から始まって、
我々の考えている教育論を展開する内容だったのですが、

今回の二冊目は、勉強をめぐる普遍的な誤解とでも言いましょうか、
勉強という行為について多くの方が勘違いなさっているであろうことに焦点を絞って書きました。
読んでいただければ「本当に賢いとはどういうことか」が分かる本になっていると思います。

タイトル的には、子どもを持つ親御さん向けに見えると思いますが、
「一体何のために勉強するのか」という疑問を持っている学生の方や、
自分が勉強して来なかったことをちょっぴり後悔しているという大人の方にも
是非読んでみて頂きたい本です。

そういう方々でなくとも、
教育は「人間が人間であるために不可欠なもの」という視点に立って書いていますので、
読んで後悔なさることはないと思います。
校正担当の方からも、「教育の大切さがよくわかりました」というコメントを頂戴しましたし。

みなさま、ご購読よろしくお願い申し上げます。
人間は変われる?変われない?
人間は変わることができるでしょうか?

教育に携わる人間がこの問いにノーと答えてしまったら、教育者でいる資格はないでしょう。
成長とは人間が良い方へ変わることにほかならないのですから。
もちろん我々は、人間の成長には無限の可能性があると信じて仕事をしています。

しかし近年では、教育を受ける当の子供たち自身が、
自分が変われるとは全く信じていないという、とても悲しい現実があります。
我々のところへ来た時点で、もうすでに、
自分の可能性に完全見切りをつけてしまっている子どもも少なくありません。
曰く「どうせ自分は頭が悪いから、勉強ができるようにはならない」
「自分にはこんなにたくさんのことを覚えられるわけない」と。

今や、我々の一番の仕事は、そういう子供たちを根気強く説得することになってしまいました。

「生まれつき頭が悪いんじゃなくて、使わんから良くならへんねん」

「身体を鍛えないと筋肉が発達しないのと同じや。生まれつきムキムキの人なんかおらんやろ?」

「自転車に生まれつき乗れる奴はおらん。勉強も同じことや」等々…。

 手を変え品を変え、何とか意識を変えようと日々頑張っています。

しかし、我々の言うことに耳を傾けようとせず、
自分の見立て(自分はできるようにならない)が正しいと信じ切っている子供たちは、
我々がどんなに一生懸命勉強を教えたところで、なかなかできるようにはなりません。
「できるはずがない」という先入観にとらわれている限り、人間は何も習得できないものなのです。

たとえば、自転車に乗ることを習得しようとするなら、
自分が乗れるようになると信じて、乗る練習をしなくてはならないし、
泳ぎを習得しようとするなら、まずは水に入らなくてはなりませんが、
自分の可能性に見切りをつけている子供たちというのは、
自分が自転車に乗れるようになるはずがない、泳げるようになるはずがないと信じ込んでいて、
自分からは決して自転車に乗ろうとはしないし、水に入ろうともしない状態なのです。

本人が、とりあえず「乗ってみよう」「泳いでみよう」という気になって、
自分の意志で自転車に乗る、自分の意志で水に入るようにならない限り、何も始まらない。
我々が日々の授業でどんなに頑張って教えたところで、表面をなでているようなもので、
知識がその子の中に根を下ろすことはありません。
すべては時間の経過とともに風化し、失われてゆくのです。

ですから、我々は辛抱強く説得を続けるのですが、
それでも本人がその気になるかどうかは、結局、本人次第です。
実際、何年経っても、何一つも変わらない子もいます。

そういう子は、何十回・何百回と練習させても、単語や漢字を覚えることができないし、
基本的な計算さえきちんと合うようにならないのです。
「自分にできるはずがない」という先入観は、そら恐ろしいほど強固なのです。

どうして多くの子供たちがこんな不毛な思い込みをするのでしょうか。

非常に残念なことですが、似たような思い込みをしている大人が多いからでしょう。
「子供は親の鏡」なのですから。

人間は変わることができるものか?という問いを立てる以前に、
そもそも、変わろう(成長しよう)と思っていない人、言い換えれば、
今の自分を絶対視する(完璧だと勘違いしている)大人が増えているのかもしれません。

もちろん、完璧な人間などこの世にはいませんから、常に変化(成長)の余地はあるものです。
これを否定する人は、「自分を神だ」と言っているに等しく、これ以上ないくらい傲慢な人です。
いい年をして逆ギレする人や、他人に迷惑をかけても恥じない人、
飲食店などで店員さんを見下すような横柄な態度をとる大人はみな、
間違いなくこのタイプに属する人だと思います。

こういう大人は、子供にも自分を神だと勘違いさせる可能性が高いでしょう。
そういう子供は、自分では何もできないのに、
誰かが代わりにやってくれるのを当然のことと思うようになります。
何事も「よきにはからえ」という態度で臨む。自分の無知無能を恥じる気持ちがない。
ですから、困ったことに(当然のことに?)、勉強ができない子供ほど偉そうにするものです。

逆に、自分を絶対視するような傲慢さを軽蔑し、
自分の無知無能を恥じる気持ちを持っている人であっても、
人間は変わることができるとは思っていない人、
あるいは、人間の変化(成長)に懐疑的な人というのは、
やはり、子供を自分の可能性に見切りをつけて成長を拒む人間にしてしまう可能性があります。

そういう人は、恥を知っているだけに、ある種の謙虚さを備えているでしょうし、
傲慢な人のように他人に迷惑をかけることはないかもしれません。
しかし、そういう人でも「自分は変われる(成長できる)」と思っていないとすれば、、
子供に与える影響は、さきほどの傲慢な人と似たようなものなのです。

なぜなら、そういう人が謙虚に見えるのは、本当の意味で謙虚だからではなく、
劣等コンプレックスのせいで自分に自信が持てないために、自分を主張できないだけであって、、
過剰に偉そうにしていないと自分が保てない人が抱えているコンプレックス=優越コンプレックスと
表裏のものだからです。
だから、外面はおとなしそうに見える人が、家庭内では暴君のようにふるまうということもある。

どちらも、コンプレックスを抱えていることに変わりはなく、実は後ろ向きな人です。
コンプレックスは、心を委縮させ、チャレンジ精神をくじきます。
どちらも新しいことに挑戦し、変化(成長)を求める前向きな気持ちにならない点では同じなのです。

人間は変わることができないと思っている人は、突き詰めれば、みな運命論者です。
人生の途中で変われないのであれば、すべては生まれつき決まっていることになります。
才能に恵まれた人間は成功し、そうでない人間はどうあがいても無駄だという結論に行きつく。
つまり、人間は変われないと考えるのは、「すべては運命だ」と言っているに等しい。

運命論者は、努力を否定します。
すべては運命なのですから、努力は無駄なものということにならざるを得ません。
そして、自己の責任を放棄することにもなります。
運命のせいにすれば、人生が上手くいかないことも自分のせいではないと思うことができます。
どうしても「悪いのは自分じゃない」=「私の責任じゃない」ということになる。

逆ギレをするような人も、自分に自信がないのに何の努力もしない人も、
自分のせいではないと思っている点ではまったく同じなのです。
違うのは表面的な態度、他人に責任を転嫁して恥じない傲慢さがあるかどうかだけでしょう。
いずれも運命の奴隷であることに変わりはありません。

社会全体として考えれば、この運命の奴隷である両者、つまり、
優越コンプレックスに囚われた者と劣等コンプレックスに囚われた者の組み合わせは、
悲劇以外のなにものでもないでしょう。前者の暴言に後者は沈黙するしかないのですから。
誰も新しいことにチャレンジせず、誰も責任を引き受ける気がない社会。

社会の大半の人間が「上手くいかないのは、自分のせいではない」という前提に立ってしまうと、
「このままじゃいけないな」と思って努力しようという人がいなくなってしまうのです。。
それが「普通」になってしまった社会では、
自分にできないことがあっても、誰も「このままじゃまずい」とは思わないし、
自分にわからないことがあっても、「誰か知っている人に聞けばいい」と考える。
みな自分が何かをできるようになろうとはしないし、知ろうともしなくなるわけです。
これでは、新しいものが生まれてくるはずがないどころか、
今ある知識ですら、ちゃんと知っている人がいなくなってしまう可能性があるのです。

今の子供たち、若者たちを見ていると、その可能性が非常に高いと言わざるを得ません。
彼らには「できない(知らない)方が悪い」「できる(知っている)方が偉い」という常識が
ありません。
彼らは、自分が知らないこと、できないことに出くわすと、
「教えてもらってない」「習ってない」というセリフを、
まるで水戸黄門の印籠のように振りかざします。このときの彼らには、
自分が知らないということ、できないということへの恥ずかしさは微塵も感じられません。
「知らない(できない)のは自分の責任ではない」と信じているのですから当然でしょう。

しかし、この態度が間違っていることは、ちょっと考えればわかります。
たとえば、科学全盛のこの時代に、地球がまるいことを
「習ってないから、知らない」と言うのは恥ずかしくないことでしょうか。

それに、もし「教えてもらってない」あるいは「習っていない」ことを根拠に、
自分が「知らないこと」「できないこと」を正当化できるのであれば、逆に、
「教えてもらったこと」「習ったこと」は、必ずできなくてはならないことになります。
ですから、「教えてもらったこと」「習ったこと」もきちんとできない状態では、
「教えてもらってない」「習ってない」と言ったところで、本来言い訳にすらならないはずです。

さらには、もし「教えてもらったこと」「習ったこと」なら必ずできると言う人であっても、
「教えてもらってない」「習ってない」ことは決して出来ないというのであれば、
「私はプログラムされた機械だ」と言っているに等しいことになります。
「自力では何も学ぶことができません」と言っているのと同じですから。
これはもはや自分が人間であることを否認しているようなものです。

残念なことに、近頃では、
大人でもこの種の言い訳にもならない言い訳をする人が少なくありません。
もしそれが「普通だ」と強弁するなら、そのうち社会に人間はいらなくなるでしょう。
「教えてもらったこと」「習ったこと」しかしなくていいのなら、
仕事を全部機械に任せればいいんですから。その方がきっと失敗も少ないでしょうし。
実際、そういう「普通の人たち」は、あと十年もすれば仕事を失うことになるかもしれません。
そのころにはAIが社会に普及していると言われていますから。

しかし、機械(AI)に責任は問えません。責任を引き受けられるのは人間だけです。
仕事や勉強に限らず、何事も「自らの責任において行う」のが近代自由主義社会の大原則です。
これを理解できない人間には、成長という変化が起きることもあり得ませんし、
何より、自らの権利(自由)を主張する資格もないはずです。

運命論に走る人、自分で変わる努力をしていない人には、
このことを、今一度じっくり考えてみて欲しいと痛切に思います。
それこそ「知らない」では済まされない話だと私は思うのですが。


私事と言訳
随分長い間、およそ半年もブログが更新できませんでした。すみません。

手前事で恐縮ですが、
実は、父が少し前から癌を患っておりまして、
家族の懸命な説得にもかかわらず、手術を拒み、
緩和ケア(痛みを緩和するのみで治療は一切行わない)を受けていたのですが、
昨年末に容体が急変し、年明け早々に入院、ほどなくして逝きました。

近親者を見送るのはこれが初めてではなかったのですが、
喪主を務めるのは初めての経験でしたし、
後始末にも奔走せねばならず、息つく暇もない状態でした。
諸事情から、葬儀に呼べなかった親類への挨拶回りなど、
まだ全てが片付いたわけではないのですが、
幸い、私は頼もしい弟たちに恵まれているので、
役所の手続き等、煩雑な仕事は、兄弟で手分けして
つつがなく終えることができました。

亡くなったのが、大学入試センター試験の直前という、
仕事柄一年で最も精神的に追い詰められるタイミングでもあったので、
受験を控えた塾生たちに自分の心の動揺が伝わらないよう、必死でした。
例年なら、3月の下旬には、受験の結果と年度の総括をUPしているのですが、
執筆中の本(本年6月出版予定)のこともあって、
ブログに手をつける余裕が全くないまま、気がつけばもう5月という有様です。
どうかご容赦ください。

幸い、高校受験は全員が公立の第一志望校に合格しましたし、
大学受験についても5年続けて国公立大学の合格者を出し、
私立大へ進学する塾生も本人が納得する結果だったので、
ほっと胸をなでおろしている次第です。

時期はずれになってしまいますが、今後、
大学受験に合格した塾生のことなど、書きかけになっているブログを
書き上げ次第、随時UPしていくつもりですので、よろしくお願い致します。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。