新風館通信
迷走する教育       道しるべでいたい

プロフィール

M.Kaze

Author:M.Kaze
新風館のブログ(ハードタイプ)
北風のブログ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できる子できない子4
 今回の「できる子、できない子」は、会話能力(コミュニケーション能力)についてです。

 当然と言えば当然ですが、これはもうハッキリと、できる子は高くて、できない子は低いです。
また残念なことですが、子供達に関する限り、この能力は年々下降の一途をたどっています。
関西人なのに冗談一つ言えない、冗談が通じない子供が増えているのは悲しい限りです。
面白いことを言うのは、常識をわきまえた上で言葉を上手に扱わなければならないという意味で、
実は高度に知的な行為です。息の長い芸人さんに頭の悪い人はいないと思うのは私だけでしょうか。

 うまいジョークを言うのは、かなりレベルの高い話になるので、
誰にでもできることではないとは思いますが、あるテーマについて、
軽い冗談を交えつつも真面目に話し合い、最終的な話の落とし所を考える、
そういう会話能力は将来どんな仕事をしようと必要だし、重要だと思います。
もちろん、その際に自分が理解できないことがあれば、説明を求めなければなりませんし、
逆に自分が分かっているなら、ほかの人が理解できるように説明できなければなりません。

 言葉を介して、我々人間は意思疎通を図るように進化して来ました。
他の動物と違って、眼球の白い部分が相手から見えるのも、その証です。
捕食者から身を守るにせよ、捕食者として獲物を捕まえるにせよ、
自分がどこを見ているのかを敵に知られるのは生存に大きなマイナスになります。
それで、人間以外の動物は白目が見えないのですが、人間だけは「あなたを見ていますよ」という意思表示、
つまり、他の個体との関わりの方を優先した結果、どこをみているか相手から見て分かるように進化したのです。

個体としては脆弱なヒトという生物が、会話(言葉)に基づくコミュニケーション能力に特化して
進化たことによって、社会という人間特有の集団を形成し、他の動物を凌駕する力を得たわけです。

 ちなみに、人間は公私二つ領域を持ち、社会とは公の領域のことですが、
他の動物が形成する集団は言わば一つの大家族であって、他の集団との接点をほとんど持ちません。
つまり人間以外の動物は、公の領域というものがなく、私の領域しか持たないわけです。
他の集団に属する同じ種族の個体は敵に他なりません。
したがって、厳密な意味での社会を形成できるのは人間だけなのです。こう考えると、
人間の持つ会話ないしコミュニケーションの能力が如何に重要か理解されると思います。
人間の人間たる所以と言っても過言ではないもの、コミュニケーション&会話能力というのは、
それほど人間の根幹に関わる能力なのです。学校の成績やテストで測れるいわゆる学力なんかより、
遥かに重要だと言えるでしょう。

 我々ができる限り、1クラスの人数を制限しようと考える理由もここにあります。
全員が我々と会話ができ、他の誰かが始めた会話にも自由に加われる人数に留めておきたいと考えています。
理想的な人数は参加するメンバーの能力によって大きく左右されます。
会話能力に問題がない生徒ばかりなら20人くらいまでなら問題なく授業が行えますが、
会話能力が低く、コミュニケーションが円滑に行えない生徒の場合だと2~3人でも大変です。

 内向的で自分から人に話しかけるのが苦手だという子がいます。
個性としてそれを否定するつもりは毛頭ありませんし、だから学力が低いとも一概には言えませんが、
会話能力が低いと大きなハンデになることは確かです。

 たとえば、分からないことがあったとき、分からないと言えない。
たとえ、こちらで分かっていないことを察知できても、
今度は自分で何がどう分からないのかが説明できない。
だから、こちらで色々と確認作業をして、何が分からないのかがようやく判明する。
自分で説明できる人と比べると、どうしても問題の解決に時間がかかってしまいます。
‘Time is money.’と言いますが、我々は時間をお金でカウントする社会に生きていますから、
時間がかかるということは、すなわちコストがかかるということで、
コストが多いというのは損ですから、やはりこれハンデ以外の何ものでもないのです。

 幾ら性格が内向的であっても、必要最低限のことはきちんと話す、話せるというのは
生きて行く上で不可欠なことです。社会で生活していく上での責任と言ってもよいでしょう。
教師としては、経験を積んで教える腕が上がって来ると、
そういう子がどこが分からないのかを言わなくても、瞬時に察知できるようになるのですが、
子供達にとっては、こちらが察知して言ってしまうのはためにならないと思うのです。
それでは、いつまでたっても分からないときに自分から聞けるようにはならないですし、
下手をすると、相手に察知してもらうのが当然という間違った意識を持ってしまうからです。

 ですから我々は、どこが分からないかを察知していたとしても、できる限り自分の言葉で言わせるように
しています。意地悪なようですが、問題を根本的に解決するためにはそうするしかありません。
しかし、これをやると、自分から言おうとするようになるまでに大変な時間がかかります。
本来ならどれほど時間がかかっても自分で言わせるべきなのですが、それでは一向に先へ進めない生徒もい
ますし、下手をすると「あそこの先生はちゃんと教えてくれない」などと言われたりします。もちろん
「さっさと言うてもうて片付けたいとこやのに、こっちは言わずに我慢しとんねんぞ(心の声)」とも言えません。
ですから、どのくらいで切り上げて教えてしまうかは、私達教師にとって非常に微妙で難しい問題であり、
永遠のテーマなのです。

 御家庭で「聞かれたことにはきちんと応えなさい」という、人として当然のことをしっかりと教えて頂ければ助かるのですが。
スポンサーサイト
できる子 できない子3
 前回、「できる子、できない子」の第二回で、できない子の特徴として「記憶力」の問題と
話がきちんと聞けないこととの関係について書きました。三回目の今日は、「なぜできない子
はきちんと覚えていられないのか」ということについてもう少し詳しく説明しようと思います。

 前回、携帯電話を初めとする便利な通信ツールがかえって悪影響を及ぼすと述べましたが、
勿論そういうツールはあくまで道具なので、使う側の人間が長所と短所をきちんと認識して使
うことができれば何の問題もありません。問題は、何の疑問も問題意識も持たずにそれらを「
ただ便利だから」という理由だけで肯定してしまうメンタリティ(心の在り方、精神状態)にあ
ります。そういう人は、「道具を使っている」のではなく、実は「道具に使われている」。ひ
どい場合には「道具に支配されている」ことだってあるでしょう。携帯を持たずに出かけると
不安になるという人はもうかなりヤバイと思います。

 我々の年代の人間は、若い時をそういう便利な通信ツールなしで過ごしていますから、その
有り難味を実感することができると同時に、それに対する依存状態や危険性を認識することが
できますが、今の若者や子供達の年代の人間は、あるのが当たり前の時代に生きているので、
より危険が大きいと言えるでしょう。携帯電話が自分のIDであるかのような感覚さえ持って
いる人もいますから。それでは携帯電話と自分自身の一体どっちが自分の本体なのかということ
になってしまいますよね。

 携帯だけでなく便利な道具というのは何でもそうなのですが、気をつけないと人間の能力を
下げる方向にしか働きません。移動に乗り物ばかり使っていると、足腰も心肺機能もすぐ弱く
なります。体力が落ちないようにするためには、結局、乗り物に乗っている間に衰えた分、
歩いたり走ったりしなくてはなりません。よく考えてみれば二度手間なんですよね。乗り物に
乗らずに歩いたり走ったりすればわざわざ別の時間を作らなくてもすむわけですから。それで、
効率的に体を鍛える方法やダイエットがもてはやされるわけですが。でも、怠惰な人は便利な
道具で楽をするだけしておいて、体のケアさえしないでしょう。

 それでも、体力の場合は、ちょっと体を動かせば衰えていることがすぐに分かりますし、
体型や動きでその人の能力を目で見て確認することができます。しかし、携帯やパソコンなどの
ツールの場合は、脳の機能に関わるもので、衰えていても目では確認できません。
そこがやっかいなところです。

 たとえば、生まれてこの方歩いたことのない人が歩けるわけがないということは容易に想像
できても、生まれてこの方ものを覚えたことがないという人がものを覚えられるはずがないとい
うことは、なかなか想像し難いのではないでしょうか。

 勿論、これは極端な仮定なので、実際には全く歩いたことがない人も、ものを全く覚えたこと
がないという人もいないと思いますが、程度の問題と考えれば、いずれの話も現実味を帯びて来ます。
実際、想定できる範囲でミニマムな量しか記憶できない子供が急増しています。中学生になっても
「右」と「左」の区別がつかない子がいると言えばお分かり頂けるでしょうか。まさに字句通りの
意味で「右も左も分からない」。その子は小6から一年かけて右と左を繰り返し教え続けているの
ですが、教えた翌日くらいまでは覚えていても二、三日たつともうすっかり忘れているのです。

 使わないと人間の能力というのはそこまで衰える、と言うか、そもそも必要不可欠な能力すら
獲得できない、そういう生き物なのです。そこから抜け出せるかどうかは、一にメンタリティに
掛かって来ます。
その子がいつまでたっても右と左を覚えないのは、生まれつき脳に欠陥があるからではありません。
「覚えよう」という気が全くないこと、知らないことを「恥ずかしい」と感じる感覚が欠如している
ことに尽きます。

 どうしてそうなってしまったのでしょう。人間と言うのは能力を獲得するとき、反復練習が欠かせ
ない生き物です。本能で制御されている動物とは違い、先天的に備わっているものが少ないのですから、
当然のことです。しかし、この反復練習、能力を獲得するようなプラスの面だけでなく、良くない習慣も
反復練習で身についてしまうのです。
「覚えなくてもいい」という反復練習をして来た結果、「中学生になっても右と左の区別がつかない」
状態に陥っても、何の不思議もありません。我々のところへ来るまでに、そういう反復練習が長年に渡り
行われて来たとすれば、むしろ一年や二年で何とかなる方が稀だと言わねばなりません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。