FC2ブログ
新風館通信
迷走する教育       道しるべでいたい



プロフィール

M.Kaze

Author:M.Kaze
新風館のブログ(ハードタイプ)
北風のブログ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



合宿レポート その3
遅くなってしまいましたが、合宿レポートその3です。

夕食の片付けが終わったのが午後10時前。ここからは夜の部です。
修学旅行にしても野外活動にしても宿泊イベントというのは、夜が一番楽しいものですよね。
学校では無理やり寝させたりしますが、新風館は体力の続く限り遊んでOKです。
保護者の皆様、1日限りのことですからどうか御容赦下さい。

もちろん寝たい人は好きなときに、寝られるようにと、今年は40人以上泊まれる大きな山小屋を
2棟借りてありました。1棟はレクリエーション用、もう1棟は疲れた人が寝る用ですね。

中は両側に2段ベッドが並び、真ん中が横5メートル奥行き10数メートルの廊下になっています。
遊ぶにせよ、寝るにせよ誰に気兼ねすることもなく広々と使えます。

夜のレクリエーション企画の中味は、来年のためにも伏せておきますが、
夜から合流した卒塾生も参加しておおいに盛り上がりました。
卒塾生の中には、翌日に自分の両親と婚約者の両親との顔合わせが控えているのに
わざわざ駆けつけてくれた者もいました。
色々な年齢層の者が一つ所に集まって同じことをして楽しむ(勝負する)機会や
学年の境を越えた縦の関係って実はなかなかないんですよね。
まさに新風館ならでは。
後輩たる現役生には、立派な先輩達から是非とも何かを学んで欲しいと思います。

レクリエーション後も罰ゲーム用に用意したコスプレを中3達が自ら進んで着て踊るのを見て、
高1女子が見て駄目出しをしたり、ボードゲームをしたりして楽しみました。

夜もふけ、脱落者も出始めます。
仕事でお疲れの卒塾生達と高1女子数名が本格的に寝に入るため別棟に移動。
残った者たちは学年の境を越えて車座になって話し込んでいます。

私はみなの様子をずっと全員が見える場所から観察していました。
こういうときは、みなの本質がよく見えます。というか隠せません。
それぞれの長所も問題点もあらわになるのです。
教育的視点からも非常に興味深く、宿泊込みの教育の場は貴重だと毎年思います。
高1の企画を担当したメンバーもそれを痛感した様子で、
あの子がこんな性格だったなんてという発見が多々あったようです。

さて翌朝。
9時に皆を起こし、最後のイベント。
本来なら初日にやるはずだった「逃走中 高1VS中3~新風館バージョン~」です。
詳細は秘密ですが、企画自体は大変おもしろく、中味もよかったのですが、
ゲームバランスが難しく、逃げる方が不利になり過ぎたこと、小雨もよいの天気だったこと、
中3塾生が前夜のうちに1名朝早くに2名が抜け、今ひとつ盛り上がらなかったは残念でした。
企画したメンバーも相当悔しかったようで、来年にリベンジを誓っています。

初めて雨に祟られた合宿になってしまいましたが、
ここ数年で企画したメンバーが最もよく頑張った合宿だったと思います。
新中3からは「来年自分らでこんなちゃんとした企画を練れるかなぁ」
という声が聞かれたくらい。
良き先輩として立派な手本となったと思います。
まさに新風館スピリッツ!