新風館通信
迷走する教育       道しるべでいたい



プロフィール

M.Kaze

Author:M.Kaze
新風館のブログ(ハードタイプ)
北風のブログ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

努力 その7
7.できるだけ早く自分の才能を見出だそう

 「努力その6」で、幼い時に思い描いた将来の夢(長期的な目標)を信じ続け、それを実現した人がいたら、その人こそ天才だと書きました。しかし、その人に生まれつき才能があったのかどうかは実は誰にもわかりません。なぜなら、天才と呼ばれるのは、その人が何かを成し遂げた後になってからであって、初めからそう呼ばれていたわけではないからです。だから、人が誰かを天才と呼ぶのは、結果論に過ぎないのです。イチロー選手が無名だったころ、誰が彼を天才と呼んだでしょう?

 そういう意味では、まだ天才とは言われていない天才もいるだろうし、もしかすると、誰もが何かの天才なのかもしれないのです。ただ、幼い頃に思い描いた将来の夢を信じ続けて実現した人というのは、「人生の非常に早い時期に自分の進むべき道を決める」という、普通の人には到底できない決断をしたという意味で天才なのです。若いうちは特に、あれこれと、他にやりたいことや誘惑も多いものですから。

 「天才と馬鹿は紙一重」と言います。それは、天才と言われる人の多くが、あまりにも早いうちから一つのことに没頭したために、普通の人なら当然身につけているはずの基本的な知識や当たり前の能力がなく、馬鹿に見えることがあるからだと思います。つまり、何かの才能(能力)を伸ばすということは、他の能力をあきらめるということでもあるのです。

 一人の人間が、一生という限られた時間の中で、何事かを成そうとするとき、そんなに多くのことができるはずがありません。たとえば、イチロー選手がメジャーリーグの年間最多安打記録を更新すると
同時に、ノーベル賞を受賞するような学問的な研究成果をあげることは不可能です。イチロー選手は、まだ世間に天才だと認められる前に、そうした他の道、他の可能性をあきらめることができたからこそ天才なのです。

 このように、人生の限られた時間の中で何かを成そうと思うのなら、できるだけ早い時期に何か一つのことに目標を絞るということが、大変なアドバンテージになります。しかし、それには大変な勇気と決断力が必要です。もしかすると、自分の選択が間違っていて、十年後二十年後になってから自分には才能がなかったという事実に気がつくかもしれないのですから。特にプロスポーツ選手を目指すのは苛酷なことだと思います。年齢という壁がある以上、間違った選択をしたら取り返しがつかないことになるのですから。彼らは、それだけのリスクを負う勇気のある人間だからこそ、高い年俸をもらう権利があるのだと思いますし、尊敬に値するのだと思います。

 たとえイチロー選手ほどの偉業を達成することはできなくても、誰しも何らかの才能を持って生まれて来るものだと私は信じています。しかし、それを見出せる人間は少ない。その原因は、多くの人が「何事にも全力を尽くす」ということができないこと、そして、他の選択肢と様々な誘惑を断ち切って「一つのことに全力を傾注する」ことができないことだと思うのです。

 「何事にも全力を尽くし、自分の才能を見出したら、他の選択肢と様々な誘惑を断ち切って努力すること」これこそ「正しい方向で努力すること」なのだと思います。かく言う私も「もう少し早くこのことに気づいていれば」と後悔している凡人の一人なのですが。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinpukantsushin.blog84.fc2.com/tb.php/14-15d67ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。