FC2ブログ
新風館通信
迷走する教育       道しるべでいたい



プロフィール

M.Kaze

Author:M.Kaze
新風館のブログ(ハードタイプ)
北風のブログ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



精神力 その11
 夏休みが終わってもう半月が経ちますが、夏休みにはたくさんの卒塾生が近況報告と後輩の激励
を兼ねてちょくちょく顔を出してくれます。レベルUPテストの採点を手伝ってくれる卒塾生もいました。
うれしい限りです。今年は春に大学卒業を控えた卒塾生が企画してくれた中3合宿もありましたし、
現役塾生にとってはよい刺激です。

 今夏、来てくれた卒塾生の中に、3ヶ月間の単独世界旅行から帰国したばかりの塾生がいました。
中東を経てヨーロッパを全て(EU加盟国)巡り、南米数カ国を周って帰国するという大変な長旅です。
南米のパラグアイでは、新風館の札がついた木を記念に植樹して来てくれたそうです。彼曰く
「新風館の塾生なら、いつかきっと誰かが見に来てくれると思いましたから」ということです。
後輩達には、ぜひ彼のチャレンジ精神を見習って、彼に続いてもらいたいと思います。

 彼は在塾当時から、自分で一度やると決めたことは絶対にあきらめず、一切の雑念を払って
やり遂げる生徒でした。そのストイックさと集中力たるや、私達でさえちょっと真似できないと思う
くらいです。大学在学中にも英語のリスニングと発音を教えて欲しいと通塾していましたし、
その後は3年で大学卒業資格を経て大学院に進み、その上なんと現役で公認会計士試験に
合格してしまいましたから、我々も賛嘆するほかありません。教え子ながら、もう一個の人間として
心から尊敬しています。

 そんな彼が「新風館に来ていなかったら自分はこうはなれなかった」と言ってくれるのですから、
本当に教師冥利に尽きます。「自分はこの瞬間のために生きて来た」と思える至福の瞬間です。
と同時に「自分ももっともっと頑張らないと」と思います。現役塾生だけでなく、私達もまた彼から
沢山エネルギーをもらいました。

 その彼に先日就職活動の履歴書(プロフィール)の推敲を頼まれたのですが、そのとき彼の長所を
一緒に考えていてつくづく思ったのは、彼よりも頭の良い生徒というのはたくさんいるが、彼ほど
努力のできる生徒はなかなかいないということです。まさに「努力に勝るものなし」を地で行く生徒
でした。また、そういう子は真面目過ぎて人間性に深みがないということが多いのですが、彼の場合、
冗談はもちろん諧謔のセンスも備えていて人間的にもとても魅力的な男です。そして何より感心する
のは、こうした長所をたくさん持ちながら、それを大したことだと考えておらず、ちょっと謙虚過ぎる
ほど謙虚なのです。彼の未来が約束されていることは疑い様のない事実でしょう。

 彼を見ていると、「天は二物を与えず」という諺はある意味間違っているとわかります。
実際、何かができる人間というのは、他のこともできることが多いですから。
我々は今、勉強面でしか生徒を見ていませんが、生徒の能力をきちんと観察し、正確に把握して
いれば、たとえばその生徒が所属しているクラブ活動でのレベルまで分かってしまうものです。
事実、彼が高校生のときには、私も若かったものですから、クラブ活動が生ぬるくてつまらない
という彼とほか数名の塾生にボクシングを教えたのですが、やはり学問がきちんとできる生徒
の方が強くなって行きました。

 肉体(体育)と精神(徳育)と知能(知育)というのは三位一体なのです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinpukantsushin.blog84.fc2.com/tb.php/30-434e1ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)