FC2ブログ
新風館通信
迷走する教育       道しるべでいたい



プロフィール

M.Kaze

Author:M.Kaze
新風館のブログ(ハードタイプ)
北風のブログ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



できる子できない子8
9月から滅茶苦茶に忙しかったため、久しぶりの更新です。毎年2学期というのは色々ある時期なのですが、今年は早々に突発的な問題があり、その対応に追われておりました。櫻井ともども寝不足の日々を送っております。どうか御容赦下さい。

さて「できる子できない子」パート8です。今回のテーマは「主語」です。しつこいようで申し訳ないのですが、主語がわからないという状態は学習において致命的です。もうこれは成績がどうの、テストの点がどうのという以前の問題です。とくに日本語と英語の両方を教えている私の立場からすると、暗澹たる気持ちになります。日本語はほとんど主語を言いません(言わなくてもないわけではありません)が、英語は常に(命令文を除いて)主語を立てなければならない言語ですから、「主語」をきちんと理解していないと、もうどうにもならないからです。

まさか自分の子が・・・と思われるかもしれませんが、学力低下と軌を一にして年々「主語」を理解できない子供が増え、今では新入塾の小・中学生はほぼ100%理解していないと言ってもいい状態です。「そんな馬鹿な」と言うことなかれ。今年の夏休みに行った小テスト(小3・4レベル)で、

 雨さえ降ってきた。

という文に主語(雨さえ)があることに気がついた生徒は小~中学生の中でほんの数名だけでした。ほとんどの生徒は、「は」「が」という助詞がついている箇所を探している(見ている?)だけで、「主語とは一体何なのか」ということについては全く分かっていないのです。機会がある度にしつこく教え、問題演習をやらせている在塾生にしてこの状態です。一般の小中学生については推して知るべし。本当に背筋が寒くなります。

私が塾生達に「は」「が」を機械的に探すことの無意味さを理解してもらうためによく使うのが、

 象は鼻が長い。

という文です。さて主語は何でしょう?

つづく

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinpukantsushin.blog84.fc2.com/tb.php/59-0e7b3c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)