FC2ブログ
新風館通信
迷走する教育       道しるべでいたい



プロフィール

M.Kaze

Author:M.Kaze
新風館のブログ(ハードタイプ)
北風のブログ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



学習のスキーマ
人間というのは、生まれたままの自然状態では、この世界(自然界)に適応することもできない、
実に奇妙な生き物です。

そのためなのか、人間はこの世界をありのままに見るということが出来ません。
「この世界はこういうものだ」という主観的な解釈を前提にしてでないと、
この世界を見ることも、理解することも出来ないのです。
どうあがいても「世界を客観的に見る」ことは出来ない生き物なんです。

したがって、みな「自分の外にある世界はこういうものだ」という解釈をし、
その解釈に基づいて、独自の(主観的な)世界観を構築します。
そして、自分はどうすればその世界に上手く適応できるのかを考えるのです。

適応するにあたっては、誰もが、自らの解釈した世界で上手く生きていくために
自分にとって必要なこととそうでない事を判断しなくてなりません。
「あれは自分にとって必要だけれども、これは不要だ」というように、
誰しも、自分が身につけるべき知識やスキルの取捨選択を行っているのです。

その知識やスキルは自分の生まれた時代や文化、民族によっても左右されます。
たとえば、狩猟採集民として生まれれば、食べられる植物の知識や狩りのスキルを
身につけないことには生きてゆけません。その意味では選択の余地が極めて少ない世界です。
しかし、現在の日本に生まれた人間にとっては、
それこそ無数の選択肢があると言っていいでしょう。

たとえば、ある女の子が、
この世界を「若くて可愛いことが最も重要なところだ」と解釈すれば、
きっと、流行についての知識を仕入れ、
ダイエットの知識を仕入れ、ファッションセンスや化粧のスキルを磨くことを選択するでしょう。
そして、もしその子が、
「この世界に適応するのに、勉強ができることは必要ない」と判断すれば、
他人(教師や先輩親兄弟も含む)が、いくら口を酸っぱくして「勉強しろ」と言ったところで、
聞く耳を持たないはずです。
彼女は、知性に関わることを一切必要としないはずの世界に生きているのですから、
勉強しないのが当然なのです。

このように、
ある人が「勉強ができるか、できないか」あるいは「勉強するか、しないか」は、
何よりもまず、「自分の解釈した世界が一体どういうものか」という問題なのです。
もしその人がこの世界で生きていくうえで「勉強は必要なことだ」と感じていれば、
それこそ、親兄弟がどんなに「やめろ」と言ったって勉強することでしょう。

ですから、もし「この世界で生きていくのに勉強は必要ない」と思っている子供に、
本気で勉強させようと言うのであれば、まずその子の世界観を変えなくてはなりません。
これは、本来なら、家庭で対処すべき問題であって、他人に委ねるような仕事ではないと思います。

現代の先進国の社会においては、
子供が世界観を形成するのに最も大きな影響を与えるのは、間違いなく家庭だからです。
その次に影響力があるのが友人関係でしょうか。
学校の教師や我々のような塾の講師なんていうのは、所詮は他人、
子供の世界観の形成に関わるようなことについては、大した影響力など持っていないのです。
しかも、最終的な解釈の決定権はあくまでも本人にあります。
本人がその気にならない限り、周りの人間がどんなに頑張っても、変わらないのです。
その子の頭の中に入り込んで脳の神経細胞の配線をつなぎ直すなんてことが出来ない限りは。

「勉強など不要だ」という世界観の下で生きている子供に勉強をさせるためには、
本人が、何かのきっかけで「世界は自分が思っていたのとは違うかもしれない」と気づき、
「勉強することも必要かもしれない」と認め、
「ちょっとやってみようかな」と思い始めなくてはならないのです。
そうなって初めて、本当の学習が始まる。
我々に出来るのは、その子の世界観の欠点を的確について、
本人の世界観の修正を促すことくらいです。

もとより、我々も勉強させることを生業としているからには、
勉強が出来ない子の世界観を正すべく最大限の努力はしておりますが、
全ては、最終的に本人が気づきその気になるかどうかに懸かっているのですから、
その子の世界観が変わるのが、半年後になるのか、1年後になるのか、
はたまた、一生変わらないのか、実際のところ分かりません。

ですから、もし親として我が子に一生懸命勉強してもらいたいのであれば、
そもそもご家庭で、その子が世界観を形成し始める以前の幼い頃から
勉強が如何に大切かということを理解させなくてはならないのです。
これは、「勉強しろ」としつこく言うことでも、早くから塾へ通わせることでもありません。

一番効果的なのは、親が進んで何かを学んでいる姿を子供に見せることでしょう。
子供にとって、家庭が「生きていくうえで何かを学ぶのは当たり前だ」
と感じる環境であるかどうかが決定的に重要なのです。
これこそ、前回の記事で述べた「文化資本」の最たるものでしょう。

当たり前のことですが、親の世界観が子供の世界観の雛型なのです。
だからこそ、
高学歴の親を持つ子供はやはり高い学歴を手にし、
そうでない親の子供はまず学歴を手に出来ない、
そういう現実があるのです。

自分が高学歴を望めるような文化資本を子供に提供するのは無理だとお考えなら、
自分の子供が勉強しないことを受け入れる必要があります。
「それが嫌だから高いお金を払って塾へ通わせるんじゃないか」と言う方もおられるでしょうが、
同じ授業を受けているのに、知識をどんどん吸収する子供と、ほとんど習得できない子供がいる
という事実から目を背けてはいけません。

我々が教えるのは何よりもまず方法論です。
当たり前のことですが、目的のない方法論などありません。
勉強とは、この世界を科学的に理解するため、あるいは、この社会を論理的に把握するため、
その目的のための方法論を学ぶものです。
学問は、高い学歴や成績を取ることを目的とするものではありませんし、
学習する個々の事柄自体、決してそのようには出来ていません。
したがって、勉強(学問)は、
そもそも、世界を科学的に理解しよう、社会を論理的に把握しようという気がない者にとっては、
何の意味もない、ただただ無味乾燥なものなのです。

本来の目的を共有していない者に、いくら方法を教えたところで身につくはずがありません。
それは、野球をするつもりがない者に、無理矢理バットを振らせるようなものだからです。
その状態では、どんなに良い塾へ通わせようと、出来るようにはならないのは当然です。

「子は親の鏡」です。これは何人たりとも否定できません。
ですから、
子供に勉強させる以前に、まず親自身が、
「この世界を科学的に理解しようと思っているか?この社会を論理的に把握できているのか?」
あるいは、
「自分の主観的な解釈に固執して、世界を正しく見ることができないのではないか?」
と自問してみるべきでしょう。

子供の世界観を変えたければ、まず自分の世界観を疑い、変える努力をすべきなのです。
自分はそういう努力もせずに、子供を無理矢理机に縛り付けたところで(しかもお金まで払って!)、
子供から憎まれるのがオチです。必ず子供はこう思うでしょう。
「自分はやらなかった(やらない)くせに」

つまり、勉強しない子供に勉強させたいのであれば、まず親が努力しなくてはならないのです。
具体的には、親が進んで何かを学ぶことでしょう。
ご家庭が、子供から見て「大人になっても学ぶものなんだ」と感じる環境であれば、
むしろ子供が勉強しないでいる方が勇気がいるでしょう。
そして、親が何かを学ぶのを楽しんでいる姿を見れば、子供が学ばないはずがないでしょう。

じゃあ一体何を学べばいいのかと言えば、はっきり言って何でもいいのです。
自分が学んでいることが子供に伝わるのであれば、趣味のレベルで十分です。
ただし、続けなくては意味がありません。
新しいことを始めてみるのもよいですが、あれこれ手を広げ過ぎるのはお勧めできません。
できれば一つのことを深く掘り下げるのがいいでしょう。

普通の人が知らないことを知っていたり、普通の人に出来ないことが出来たりするのは
子供から尊敬されるものです。
子供が親に尊敬の気持ちを抱いていれば、将来に渡ってより良い親子関係を維持することも出来るでしょう。

子供に何かをしてやるよりも、自分が何かをしましょう。
自分が子供に何をしてやるかよりも、子供が自分達から何を感じ取るかに注意を払いましょう。
そして、まず親の自分が楽しんで何かを学びましょう。
そうすれば、放っておいても子供は自分から進んで学ぶようになるのです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinpukantsushin.blog84.fc2.com/tb.php/98-6f6ab2f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)